借金苦でうつ病になって収入が減った状況から抜け出すには

うつ病になって収入が減った状況から抜け出すには

うつ病になると仕事を続けるのが難しくなり、「うつ病」を原因として「収入」が減るという事態につながることが多いです。

しかし、借金苦からうつ病になり、収入がゼロになった場合でも解決策はあります。
うつ病は、病気になるので働いていたときに社会保険に加入していたのなら傷病手当がもらえないかの確認をします。
手続きが必要ですが、認可されれば1年と半年の期間は働いていたときの6割程度が支給されます。

うつ病の方にはこのような、収入が減っても補助してくれる仕組みもあるんです。

また、うつ病で働けないとき、雇用保険は同時にはもらうことができませんが手続きをすることで受給期間を延長することが可能です。
これらの手続きをしたあとには、次に借金苦を解決する方法を考えていきます。

うつ病で収入がないのなら、法テラスで相談をすることがおすすめです。
まずは、電話で最寄の法テラスに連絡をしてうつ病で借金苦だという内容の相談のための予約をします。

最近は、借金苦の相談が増加して予約制にしている法テラスが多くあります。
「うつ病」に伴う収入の減少は、大きな問題となっていますので、相談は無料で、誰でもすることができます。

ここでは、うつ病で相談したい人のために、弁護士の紹介や弁護費用の立て替えもしています。
弁護士費用は、収入で決まりますが仮に傷病手当が認可されても18万円以下の場合なら15万円程度ですみます。
この債務整理にかかる費用も、一括払いではなく毎月5,000円からの分割で払うことができます。

これならうつ病で収入が減っていても、相談先の選択肢が広がります。

まずは、うつ病で傷病手当の申請をして今の生活を安定させることです。
その後債務整理をすれば、解決できます。

うつ病になって収入が減った状況から抜け出すには相談が大切

自分一人でいくら悩んでみても、借金苦の良い解決策はなかなか見つかるものではありません。
借金苦から脱出する最善のやりかたは、やはり、その道の専門家に一刻も早く相談をしてみることだと思います。
ただし、相談先については、十分に信用できるところを選ぶ事が必要です。

借金苦から脱出するためには、実績のある専門家に依頼するのが一番ですね。

借金苦

文責:借金返済がんばる男