借金苦で自殺する人の理由や借金苦で自殺する人の割合

自殺する人の理由や自殺する人の割合

借金苦を理由に自殺する人の割合は、自殺者全体の3割程度にあたると言われており、それはここ近年、自殺する人の人数は減少傾向にあると見られています。

日本における自殺者数は、多い時で年間3万人を超えるという悲惨な様相を呈していましたが、自殺する人の人数は平成24年からは15年ぶりに3万人を下回るようになり、そこからは継続して3万人を下回るようになりました。
それでも世界の先進国の中では深刻な数には変わりありませんが、経済面や生活面の圧迫による所謂「借金苦」で亡くなる人の割合が減少傾向にあります。

その理由は、多重債務等が原因の自殺を少しでも多く解消するために国が施行した「改正貸金業法」が功を奏したとする見方が強いようです。

借金の借り入れ限度額に上限を設けたりなどの厳しい規制を貸金業者にかけた結果、借金苦に陥った方が自殺を選択するという悲劇は僅かながらも回避されるようになったということでしょう。
また、少しずつではありますが、社会全体の景気回復と共に雇用環境も大きく改善しつつあり、それが自殺における生活苦・借金苦の方の割合を顕著に減少させている理由のひとつでもあります。

例え借金に追い詰められた時も、今はたくさんの相談窓口が全国に存在していますから、自殺という辛い選択をする前に、まずは相談してみるという選択肢があることも忘れないようにして頂きたいものです。

自殺する人の理由や自殺する人の割合などが気になり始めたら要注意です!

自分一人でいくら悩んでみても、借金苦の良い解決策はなかなか見つかるものではありません。
借金苦から脱出する最善の方法は、やはり、その道の専門家に一刻も早く相談をしてみることだと思います。
ただし、相談先については、十分に信用できるところを選ぶ事が必要です。

借金苦から脱出するためには、実績のある専門家に依頼するのが一番ですね。

借金苦

文責:借金返済がんばる男