借金苦なら借金を一本化するのが最善なのかを検討

借金を一本化するのが最善の方法なのかを検討

借金苦の場合、借金を一本化するメリットは多いです。

でも、借金を一本化するのが最善なのかどうかはよく考えてみる必要があります。

借金を一本化するメリットとしては返済日を管理しやすいところと、低利息になる可能性が高くなるところにあります。
複数の会社から借入をしていると、どこに何日に返せば良いのか分からなくなってしまいます。

遅れてしまうと延滞利息がかかり、余分にお金を支払わなければいけません。借金苦になっているのならば、余計なお金は支払いたくないはずです。
複数の会社で少しずつ借りている場合、1社辺りの金額が低いと低い金額の利率が適用されます。

しかし、借金については、ほかにもいろいろ検討しなければ最善かどうかは判断できません。

借金をどのくらいずつ、どの会社からどの程度借金しているのか、そしてその借金の金利はいくらなのかとか、その借金はおまとめにできるのかとか、借金については検討する項目が多いんです。

それが、借金の難しいところです。

借金で借りた金額が少ないと、利息の利率が高いので、一本化するよりも多くお金を支払わなければいけません。
例えば3社から合計で100万円の借入がある場合、利息か1社あたり18パーセント程度かかってしまっているとします。
一本化すると、100万円を1社から借入することになり、10パーセント程度の利息になります。

年間で借金八万円の差は大きくないですか。
よって、借金を一本化するメリットは大きいです。

しかし、借金苦でどうしようもなくなってしまったという場合は最後の手段を使いましょう。
自己破産です。

一回だけならば借金が無くなるので、元の生活にも取ることができます。
本当にどうしようもないときは、それも視野に入れるべきです。

借金を一本化するのが最善の方法なのかを検討されたいなら

自分一人でいくら悩んでみても、借金苦の良い解決策はなかなか見つかるものではありません。
借金苦から脱出する最善のyやりかたは、やはり、その道の専門家に一刻も早く相談をしてみることだと思います。
ただし、相談先については、十分に信用できるところを選ぶ事が必要です。

借金苦から脱出するためには、実績のある専門家に依頼するのが一番ですね。

借金苦

文責:借金返済がんばる男