借金苦で「貧乏」だと言われる基準とそうならないための知恵

「貧乏」だと言われる基準

借金苦と聞くだけで、貧乏と結びつくようなすごく大変なイメージがありますよね。
確かに借金苦とよばれるような人生はとても大変で、いつもお金がなく貧乏で惨めな思いをすることばかりなんだろうなと想像をしがちですが、実際に借金苦で貧乏と呼ばれる基準は何だろうと考えてみました。

あなたは、貧乏の基準は何だと思われますか?

借金苦の状態とは、例えば、カードローンや色々なローン契約、あるいは他の借金などいくつもの借金を抱えて、毎月の返済に困り、生活費も捻出できずにいる人を指します。
基準となるのは、多重債務があるかないかです。

借金が重なると、当然毎月の返済も大きくなりますよね。でも、それだけでは貧乏とは言いにくいです。

しかし、そうすると、生活費に回すお金が極端に減ってしまって、食べ物を買うことができない、水道代などのライフラインのお金を払うことができないなど、生活に支障が出るレベルまでいくと、貧乏だといわれても仕方ないです。

借金は、あなたに貧乏の基準を引き寄せてくるんです。

しかし、多重債務もなく、生活費も捻出できて、少しではあるけれど貯蓄もできているという人であれば、貧乏とはいえません。

やはり、貧乏に陥るような基準は生活費に影響を与えるほどの多重債務になりますので、自分自身にも借金がたくさんあり、毎日の生活費の捻出も難しければ、それは貧乏で間違いないです。

借金苦は人生を破滅させることもありますので、もし借金があれば早めに返済をすることも大切です。

そうすれば、貧乏に近づかない生活が送れます。

借金は、貧乏に近づく第一歩で、貧乏への入り口なのかもしれません。

「貧乏」だと言われる基準があなたも気になるなら

自分一人でいくら悩んでみても、借金苦の良い解決策はなかなか見つかるものではありません。
借金苦から脱出する最善のやりかたは、やはり、その道の専門家に一刻も早く相談をしてみることだと思います。
ただし、相談先については、十分に信用できるところを選ぶ事が必要です。

借金苦から脱出するためには、実績のある専門家に依頼するのが一番ですね。

借金苦

文責:借金返済がんばる男